プロバイダが提供するサービスを比較しよう

プロバイダではコンピュータウィルスからパソコンを守るためにウェブメールやセキュリティサービスを提供しています。

プロバイダが提供するサービスを比較しよう

プロバイダが提供するセキュリティを強化するサービス

プロバイダでは、ユーザーの一人一人に対して専用のメールアドレスを与えられています。その専用メールは、通常はメールソフトを用いてメールの送受信をすることになってきます。受信するメールの中には迷惑メールが含まれていたり、コンピュータウィルスの添付されたメールも送られてくることがあるため、メールソフトでは迷惑メールの振り分け機能を設定したり、添付ファイルは安易に開かないようにする必要が出てきます。そうしたユーザーのメールへの対応の負担を減らすために、近年ではプロバイダでウェブメールが提供されるようになってきてきます。ウェブメールは、専用のサイトを訪問することでウェブ上で自分のメールのやり取りができる仕組みです。このウェブメールを使うと、迷惑メールを自動で振り分けてもらえたり、特定のユーザーからのアクセス拒否をすることが簡単に行えるようになります。また、ウェブメールではコンピュータウィルスに感染が疑われるメールを予め警告してもらえることができます。

パソコンに感染するコンピュータウィルスに関しては、メールからの感染の他にインターネットのサイトを見るだけで感染してしまう場合も増えてきています。コンピュータウィルスの中には、相手のパソコンを操ることでネット銀行などのIDやパスワードを盗むことができ、勝手にネット銀行口座から振り込みをされた被害が出ています。現在は以前よりもパソコンのセキュリティを重視しなければいけない時代になってきました。そこで、プロバイダではユーザーに対して、24時間安心してパソコンが使えるセキュリティサービスを提供することを実施しています。このセキュリティサービスを契約すると、自宅のパソコンをネット経由で常に監視してくれるようになります。そのため、いつもコンピュータウィルスの脅威を感じなくてすみます。プロバイダが提供するセキュリティサービスは有料となっていますが、月額500円程度で利用が可能になるところがあります。

関連サイト

Copyright 2018 プロバイダが提供するサービスを比較しよう All Rights Reserved.